JENESYS PROGRAM 2009

10月に25名・11月に12名ブルネイ大学の学生たちが日本との交流プログラムに参加しました。 10月のグループは東京・京都を中心に見学し、11月のグループは仙台で行われる『日本アセアン学生会議』に参加します。

今回はブルネイの唯一の大学(ブルネイ大学)で日本語を勉強している学生達の中から選ばれたメンバーで、日本に飛び立つ前から日本語での会話が目立ち、みんなとてもわくわくしている様子でした。ブルネイでは(特に若い子)日本のアニメ・テレビゲームが好きで日本に興味を持つ子が多く、ブルネイ大学で日本語を勉強する学生が増えてきています。また、夜間コースもあるので一般の方も受けることが出来ます。

交流プログラムでは日本の大学生との交流会があったり、日本の工場内を見学しに行ったり、日本文化などが学べる博物館へ行ったりと毎日とても充実したスケジュールが組まれています。帰国後、生徒達は日本ではどこへ行っても最新の電気機器を使っていることにびっくりしたと言っていました。参加した生徒さんたちは日本の大学で勉強をしてみたい!と、さらに日本へ行きたい気持ちが高まったようです。



ブルネイブルネイ
10月に出発した25名在ブルネイ、広瀬日本大使と代表のボビー君
ブルネイブルネイ
出発前の健康診断11月に出発した12名

ロイヤルブルネイ航空ロゴ