こんにちは、加藤です。

テンプロンの結婚式 今日は先日行ったテンブロンでの結婚式についてご紹介します。
テンブロン地区とはブルネイの中の4つの地区の1つで、首都のあるブルネイ・ムアラ地区に次いで2番目に大きな地区になります。マレーシア領の川を挟んで飛び地になっているので、市内からスピードボートに乗り約40分のところに位置しています。そこには主に、先住民族のイバン族が暮らしています。イバン族の伝統的なお宅は横に長いロングハウスで、何世帯もの家族が同じ屋根の下に暮らしています。

テンプロンの結婚式
今回そのロングハウスで結婚式は行われました。イバン族は無宗教の人々が多く、イスラム教ではないので、自分達でトゥアと呼ばれる米酒を作って飲んでいます。式には村中の人々が集まり、ダンスをしたりお酒を飲んだりと朝まで盛り上がっていました。みんなに祝福されて幸せいっぱいの新郎新婦でした。



ロイヤルブルネイ航空ロゴ