ブルネイ

ブルネイ

皆さんこんにちは。



皆さんこんにちは。ブルネイにも多くの外国人が住んでいます。 インド、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、オーストラリア、イギリス、フランスなどなど、その中で今回は、インド人の結婚式に行ってきましたので、その際の様子をお伝えします。

私は会社のマネージャーと共にインドの民族衣装に身を包み結婚式会場へ向かった。
会場はブルネイ唯一のリゾートホテルであるエンパイアホテルにて行われた。

笛、ドラ、小太鼓などで新郎新婦を迎える。
新郎新婦はまず牧師から受け取った水で手足を清める。最初に新婦がその後新婦から新郎へ水が渡される。その間に牧師が火を焚き木の枝を新婦へ渡す。
その枝を日本の三三九度みたいに新婦、新郎、二人で、というように火の中へ入れる。 そして新郎新婦はその火のまわりを7周する(右、左、右まわりで)その際新郎は新婦の肩に手を置き進む。7周まわり終わったら両親が新郎新婦のもとへ行き結婚前最後のスキンシップをとる。
その間に参列者みんなにサフランで着色された一握り分のお米が配られる、両親とのスキンシップが終わった新郎新婦のまわりに集まり牧師の合図のもと一斉に米を新郎新婦へ投げる(意味は、これから二人の人生に多くの実りがあるようにとの事)。
最後に新郎から参列者に対し一言述べて式は終了。
その後ホテルの一室でビュッフェ式の食事が出された。

【2010年9月7日】



ロイヤルブルネイ航空ロゴ