■面積

5,765km2(三重県とほぼ同じ)。マレーシアを挟んで飛び地の国。


■人口

約40万人。 人口の約60%以上は首都のあるムアラ地区に住む。


■首都

バンダルスリブガワン


■人種

マレー系(含その他の先住民族)70%、中華系11%、その他19%


■公用語

公用語はマレー語。英語も広く一般的に使われています。その他、中国語や国内地方語なども話されています。国教は人口の大半を占めるイスラム教ですが、キリスト教や仏教徒も多い。


■査証(ビザ)・旅券(パスポート)

日本人の場合、入国日より14日以内の滞在時は査証不要。ブルネイ入国時に残存有効期間が6ヶ月以上あり、かつ余白が2頁以上あるパスポートを所持していること。14日以上滞在する場合は、事前にビザを取得しておく方がよいが、ブルネイに到着後、延長は可能。ただし、ビザ延長の手続きには現地人のスポンサーが必要となります。詳しくは在日ブルネイ大使館へお問い合わせ下さい。
在日ブルネイ大使館
Embassy of Brunei Darussalam
〒141-0001 東京都品川区北品川6丁目5-2
電話:03-3447-7997

※2頁以上というのは、ビザ申請用に1頁、入国時のスタンプ用に1頁は必要という意味合いのもので「充分な余白のあるパスポートが望ましい」という旨の推奨です。


■免税で持ち込めるもの

  1リットルの酒類2本までと350mlのビール12缶まで (両方持ち込めますが、申告が必要)

  香水60mlまで


※煙草の持ち込みについて

煙草は2010年11月1日より免税の対象から外れました。20本5ブルネイドル(1本につき0.25ブルネイドル)のたばこ税が課税されます。


※酒類の持込について

ブルネイでは酒類が販売されておりませんが、イスラム教徒でない旅行者がブルネイ国内へ持ち込む場合、酒類2本及び350mlのビール12缶までは到着時ブルネイ税関への申告により可能。


■通貨

ブルネイドルはシンガポールドルと等価のため、シンガポールドルは硬貨(1ドル硬貨を含む)を除きブルネイ国内でもそのまま使えます。 また、バンダルスリブガワンでは日本円からブルネイドルへの両替も可能。(2010年9月現在1ブルネイドルは約65円)


■銀行営業時間

  平日:9:00〜16:00

  土曜:9:00〜11:00


■時差

ブルネイは日本より1時間遅れ。日本の正午はブルネイでは午前11時。


■気候と服装

熱帯雨林に属し一年を通して高温多湿。平均気温は27〜30℃。服装は日本の真夏服で問題ありませんが、ホテルやオフィスはどこでも冷房がかなり効いているのでジャケットを必ず持って行った方がよいでしょう。 11月〜3月は比較的雨が多くなります。突然の雨も多いので折りたたみの傘があると便利です。


■交通

ブルネイ国際空港からバンダルスリブガワンまで約8キロ。 空港からバス、タクシーの利用が可能。バスで市内まで約15分、最終は19時頃。タクシーはメーター制ではなく、事前交渉制。ただし、行き先によっておおよその料金は決まっています。空港の到着ロビーのタクシー乗り場にある料金表ボードにて料金を確認することができます。夜23時〜翌朝6時までの夜間は50%増しとなります。時間節約とトラブル防止のため、滞在期間の短い観光旅行の場合は、事前に現地ツアーオペレーターに送迎を頼んでおいた方が無難でしょう。なお、ブルネイでは流しのタクシーはほとんど走っていません。


■電話

※ブルネイから日本へ国際電話(直通電話)

国際電話識別番号00+日本の国番号81+市外局番の最初の0を取った番号+先方の電話番号

※日本からブルネイへ国際電話

各社の国際識別番号(マイライン登録の場合は不要)+国際電話識別番号010+ブルネイの国番号673+市外局番の最初の0を取った番号+先方の電話番号


■チップ

義務ではありませんが、チップの習慣はあります。枕チップ、ポーターは1〜2ブルネイドル程度、レストラン、ガイド、ドライバーへのチップも必要。


■電圧

電圧は220〜240ボルト、50メガヘルツ。コンセントは3つ穴式。日本のパソコンは、ACアダプターやバッテリーの「INPUT」という欄に「100〜240V」と書かれていれば、日本のみならず世界対応なのでそのままブルネイでも使用できますが、電源コンセントは対応していないので、別途対応プラグを持って行く必要があります。ホテルでのインターネットは無線LANが主流ですが、出発前に料金とあわせて各ホテルに確認した方がよいでしょう。


■習慣と儀礼

見学できるモスクでは靴を脱ぎ(靴下着用はOK)、肌を露出しないよう女性にはマント、男性でも短パンであればマントを貸してくれます。また、礼拝中の人の前を横切ったりコーランには触れてはいけません。ブルネイ人は挨拶をする際、軽く握手をしてからその手を胸におきます。一般的に異性間では握手をしません。また、人さし指で指し示したり(通常、右手の親指を使います)、手招きをすることは失礼にあたります。贈り物、特に食べるものを相手に渡す際は右手を使います。


■金曜礼拝時の規制

ブルネイでは、毎週金曜日の集団礼拝の時間の間(1200-1400)は、一切のビジネスや集会、イベントが規制されていて、会社、店、銀行、スーパー、ショッピングモールなどすべて一時閉鎖、閉館になります。空港のチェックインカウンターは、通常通りですが、空港内のレストランやファストフード、両替所、お土産店などはこの時間帯はクローズしているお店も多いので注意が必要。


■緊急電話

警察: 993/ 救急車: 991/ 消防車: 995

在ブルネイ日本大使館
Embassy of Japan in Brunei Darussalam
No.33, Lot 37355, Simpang 122, Kampong Kiulap
BSB, BE 1518, Negara Brunei Darussalam
ホームページ:http://www.bn.emb-japan.go.jp
電話:673-2229265 ファクス:673-2229481